北の快適工房の製品の使用感レビューサイトです。

カイテキで行こう

肌潤糖

肌潤糖で行こう/保湿はショ糖に任せた!敏感肌のあなたにも。

肌潤糖 敏感肌の保湿はショ糖にお任せ! レビュー

今年の夏は暑さが10月になっても残っていて(10月1日に最高気温30℃ですからね!)、秋の乾燥がいつ来るのかなと思っていましたが、そろそろ、かさかさっとやってきそうです。
間に合うようにと頼んでおいた北の快適工房の【肌潤糖】が届きました。

パッケージには製品以外に、【使い方BOOK】【肌潤糖読本】なども同梱されています。

さすがに、敏感肌、アトピー肌のひとにも使ってもらう前提なので
パッチテストのやり方が書いてあります。

そして基本的な使い方

成分も表示以外にわかりやすく書いてあります。
幾つかを拾ってみると
北海道ならではのでんさい由来の
「ショ糖(スクロース):粒が細かくなっているのが大事なところですね」、
「オレイン酸オクチルデシル:油分(エステル)です」、
「ホホバ種子油」「スクワラン:もともと肌にあるべき油分、補充ですね」・・・
となっています。

すごく簡単に言うと、肌潤糖って砂糖+油デス。

で、油でしっぽりとなっている砂糖だっていうのが袋を開けるとわかります。

まず、肌の上で水で溶く

拡げます。

ぬるま湯ですすいで完了です。表面がつや消し塗装みたいになって触り心地はかなりよいです。

なぜ、ショ糖が保湿に有効なのか?

肌の角層の下にはヒアルロン酸という物質が含まれています。

このヒアルロン酸

きわめて保湿作用の強い物質です。

このヒアルロン酸の構造は以下のようになっています。ちょっと難しい~。

これに対して、ショ糖の構造は、、、やっぱり難しい。

模式的にあらわすと

ま~つまり特徴的な水と馴染む性質をもつ部分がどちらも多く、なんだか六角形や五角形の構造をどちらも持ってるんです。

だから、ヒアルロン酸と同じように

ショ糖も保湿能力が高い!

保湿の乱れは、肌の炎症、ニキビ、かさかさを引き起こすのです(原因でもありうる、またひどくする要因でもありうる)。

 

ヒアルロン酸は構造中に刺激性の部分を持っています。【NHCO、COOH】

それがないショ糖は刺激が少ない物質です。

肌潤糖では、さらに刺激が少なくなるように、

ショ糖の粒を細かくして、保湿にも有用な油性の成分を含んでいます。

是非、敏感肌の人の肌の保湿に使ってみてほしいです。

単品購入リンクです。本体3300円+送料199円(メール便)=3499円

※価格は変更がありえますので、注文前に再度確認くださいね。

 

こちらは 1回のお届けで3個配送する定期コースのリンクです。定期コースは割引があります。

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

-肌潤糖

Copyright© カイテキで行こう , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.